何度確かめても受け取った名刺には渡来真緒とある
昔々あるところにというくらい昔せき止めにチミツシンという茶色い液体を飲まされた
自称変わり者の寝言
たとえばバッハのルドベルク変奏曲を弾くように毎日を思い通りに演奏することができるだろうか?
酸っぱさと皮が入り混じったような臭いで目が覚めた
女は厭がっていたのだ
時刻は午前三時十四分十月三日
たとえば彼女が死んでもきっとその花は咲くだろう
とおいとおい空のむこう雲をこえてかぜをすりぬけてそのもっともっとむこうに一頭のゾウがすんでいました
あの夏の夜のことは忘れられない一瞬を境に人生が変わった
俺たちこれでブレイクするんじゃね? ’02年の2月嵐にはそんな空気が漂っていました
京都市か京都府か
私の男はぬすんだ傘をゆっくりと広げながらこちらに歩いてくた
沈黙は単に人間が語るのを止めることによって成り立つのではない
!僕は起き上がる掛け布団がばさっと床に落ちた
葉桜は夏の季語だそうだ
わかったようなことを言っていたってわかっていたのは過去の話だ
さびしさは鳴る
運が良ければここから野生のアザラシが見えると教えられた浜辺で
十月のその土曜日長く続いた雨があがった
学びとはなんなのか
神さまがいなくなった猟鬼が泣いた
少年の名はサンチャゴといった
女は厭がっていたのだ
彼はひどく風変わりな少年だった
 山路を登りながらこう考えた  智に働けば角が立つ情じょうに棹させば流される意地を通せば窮屈だ
犯人は考えている
亜佐美が死んだのはショックだったな
死刑囚は最後に饅頭とタバコをもらえるのだと何かで読んだことがある
赤いかもめの夢を見ていた
それはただ触覚と聴覚とそして僅かの嗅覚のみの恋でございます
伝言が好きなの女の子は言った
あなたは30代以降どんな人生を送りたいですか?
他人を自覚的に意識的に踏み台にできる人間ってのはなかなかどうして怖いものがあるよな
ある朝星沢皇児が妙に気掛かりな夢から眼を醒ますと自分が寝床の中で見知らぬ恐ろしくハンサムな男に変わっているのを発見したのです
伸ばした小指のつめはきっと春のさきっぽにもうすぐ届く
春が二階から落ちてきた
青い空がどこまでも続いていた
射たれる日まではあまり気に入った仕事ではなかった
正直いって初めて会ったときはチャルズ・ストリックランドが特別な人間だなどとは思いもしなかった
ある火曜日のうす暗い雨の朝||
いよいよだなああなんだかドキドキしてきたよ
真っ赤な嘘というけれど嘘に色があるならば薔薇色の嘘をつきたいと思う
ひとは青春期に至って突然新しい世界を持つということがある
恥の多い生涯を送って来ました自分には人間の生活というものが見当つかないのです
これは箱男についての記録である
古い歴史をもつ海辺の街風早の街
はあはあはああたしの呼吸は荒い
左手の指先にかすかな痛みがあったもちろんそんなはずはない俺はもうすべての両手足を失っているからだ
どんなふうに生きてもいい時代になりました