死体の数をいくつにするかまずそれから考え始める
世界を灰色に染める腐った雨が降っていた
これは箱男についての記録である
油蝉の声を耳にしてすぐに蝉の姿を思い浮かべる人はあまりいないだろう
伊達が手牌を見つめている
疫病神が舞い降りてきた半年ぶりに聞く声だった
あわただしく玄関をあける音が聞えて私はその音で眼をさましましたがそれは泥酔の夫の深夜の帰宅にきまっているのでございますからそのまま黙って寝ていました
ある火曜日のうす暗い雨の朝||
仰向けになった蛙は数分と保たずに死ぬだろう
間抜けで哀れな父親がいた五年前の話だ
これはあるひとりの幼児の死を巡る物語である
どこまでもだらだらといい加減な傾斜で続いている坂道を登り詰めたところが目指す京極堂である
鳴ったと言って父はペンを置いて立ち上る
事務所のドアを開けると部屋の真ん中に死体がひとつぶら下がっていた
土曜日の朝空は見事に晴れ上がっていたもののトが必要な気候がまた戻っていた
失われた風景の上に少年(きみ)の名を書く
子供より親が大事と思いたい
十四歳のその秋のはじまりは何かを予感するみたいに世界中が完全な色に輝いて見えた
仮面ライダのイントロが流れると若い連中は一斉に笑った
よくいるかホテルの夢を見る
勝った当たり前だ
もはやお忘れであろう或いはごくありきたりの常識としてしかご存知ない方も多かろう
求ム天然理科少年
1940年, 壊滅の危機に瀕した英国の宰相の座についたウィンストン・チャチルは, 政府各部局の長に次のようなメモを送った.
百子はあんまり愛しすぎているとよく思うことがあった
十票入った黒板にの字が二つ縦に並ぶ
大地を震わす和太鼓の律動に甲高くするどい笛が重なり響いていた
あとふたつ曲がったところと聞いている顔が半分という
ほら見ろ右手を挙げているじゃないか
スプリットタンって知ってる?
妻が殺人を犯していたなら私たちはどうなっていただろう
出発日が近づくにつれてだんだん億劫になってきたどう考えてもスケジュルがきつずぎる
杳子は深い谷底に一人で坐っていた
夜の海静寂の時
ハサミ男の三番目の犠牲者は目黒区鷹番に住んでいた
四月のある晴れた朝原宿の裏通りで僕は100パセントの女 の子とすれ違う
赤いかもめの夢を見ていた
睡蓮の開く音がする月夜だった
八月のある日男が一人行方不明になった
私が彼女と向き合うたびに思い出すものは夕方の横浜駅前とビタルのハルシオン貴治が演じたバズ・ライトイヤだった
寝台を抜け出した燈水は月に煌く真夜中の舗道をひとり歩いていた
苦痛とはなにか知ってるつもりになっていないだろうか?
夏至も間近い日曜の午后百合彦はキウィの樹檣が影を落とす露台で過ごしていた
マダガスカル島にはアタオコロイノナという神さまみたいなものがいるがこれは原住民の言葉で何だか変てこりんなものというくらいの意味である
隴西の李徴は博学才穎天宝の末年若くして名を虎榜に連ねついで江南尉に補せられたが狷介自ら恃むところ頗る厚く賤吏に甘んずるを潔しとしなかった
アボガドが書く宛名はいつも中途半端であてにならなかった
JJはまるっきり人畜無害だった
男の子にジュエリをねだるような女にはならないと鈴花は思っていた
食堂でスウプを一さじすっと吸ってお母さまがと幽かな叫び声をお挙げになった
男から拳骨で顔を殴られたのはその日が生まれて初めてだった