伝え方にはシンプルな技術がある
私が作家として駆け出しのころよく家に来ていた年配の編集者が居ました
いまだ生まれいでざるものすべての純真無垢なほかと区別のつかない無のひとひら告ぐ──人生にご用心
名誉に価格なんてない
自分がその道を見つけたのは卯の花の咲く時分であった
もしも君がほんとにこの話を聞きたいんならだなまず僕がどこで生まれたとかチャチな幼年時代はどんなだったのかとか僕が生まれる前に両親は何をやってたかとかそういった《デヴィッド・カパフィルド》式のくだんないことから聞きたがるかもしれないけどさ実をいうと僕はそんなことはしゃべりたくないんだな
どうやら頭を打ったらしい
その島は古名を夜叉島と言う
この集落は早晩崩壊するでしょう
私はその男の写真を三葉見たことがある
夜は若く彼も若かった夜の空気は甘いのに彼の気分は苦かった
生命がなければ宇宙もないそして生きとし生けるものはみな養いをとる
学校から自転車で五分足らずのところに世界の終わりが見える場所がある
仲買人兼代理店主ゼフ・ギベンラト氏は同じ町の人にくらべて目立つようなすぐれた点 もかわったところもべつ に持っていなかった
怖いわ・・・・・・
木戸を入ったところで吉兵衛はすぐに異変に気づいた
ニコライ・ヘルは楓の葉が枝を離れ微風に舞いそっと地面に落ちるのを見た
親譲りの無鉄砲で小供の時から損ばかりしている
胸の谷間にライタをはさんだバニルを追いかけているうちに見知らぬ国へたどり着くそんな夢を見ていた
腹を空かせて果物屋を襲う芸術家ならまだ格好がつくだろうが僕はモデルガンを握って書店を見張っていた
いいかディトはいった
江美留には或る連続冒険活劇映画の最初に現われる字幕が年頭を去らなかった
灰白色の壁で囲われた病室と長い廊下が彼女が育った世界の全体だった
びっしりと蔦が絡みついた図書館の壁に沿って一日じゅう陽の当たらない湿っぽい日かげの帯が続いている
石炭をば早や積み果てつ
桜の樹の下には屍体が埋まっている!
目覚めたとき元の世界にいるとは限らない
私はずっと以前小さな六角柱型の香水壜を持っていた
りょうりょうと風が吹き渡る夕暮れの野をまるで火が走るように赤い毛なみを光らせて一匹の子狐が駆けていた
夕食にしましょうか
夢の中で僕は大切な人を守るために戦った
きみは自転車ほしいってさわぐよね乗ってるとこ見たことないけどだいじょうぶ?だよね
上手くいくことがいいとは限らない
昔はねえお家賃というのは本で払ったものですよ
褐色の指がバを掴んだ
仕事のときいつもそうするようにワイシャツ一枚になってぼくは製図台の上のすみにテプでとめた棒石鹸をスケッチしていた
おめでとうございます元気な女の子さんですよありがとうございます本当にありがとうございますそれで妻は大丈夫でしょうか?
かれこそ4年以上も前の2005年9月に何となくファ〜っと始めたこのブログ
ホテルにはニュクの広告マンが九十七人も泊まり込んでいて長距離電話は彼らが独占したような格好五〇七号室のご婦人は昼ごろに申し込んだ電話が繋がるのに二時間半までも待たされた
ぐつぐつぐつぐつ
あさ眼をさますときの気持は面白い
腹をすかせて果物屋を襲う芸術家ならまだ格好がつくだろうが僕はモデルガンを握って書店を見張っていた
四月九日 拝啓お手紙ありがとう研究室の皆さんお元気のようでなにより君は相も変わらず不毛な大学生活を満喫しているとの由まことに嬉しく思います
ぼくの父は後年カロライナのある織物の町で彼が最下級の商業リグに加わってプレするのを見たと話していた
女は赤ん坊野原を押しそのすぐ下の性器を口に含んだ
目が覚めると泣いていた
この惑星に教会はあっても神様はいない
これは私のお話ではなく彼女のお話である
太田いったいお前は何になりたいのか
樋口晴子は平野晶と蕎麦屋にいた