とある警察署真夜中の留置施設
キンモクセイ
わたしをジョナと呼んでいただこう
あの頃あたしの名はスザン・トリンダだった
一五九〇年の冬であった
オレはイッセイ・ミヤケのブリフをはいている
私が最初にあの古道に足を踏み入れたのは七歳の春だった
よし おまえののぞみをかなえてやろう
遠くで犬の啼き声がした
春が二階から落ちてきた
映画を見に行くことになったのは妹が死んでしまったからだ
雪はやんだ
三十秒で描ける天使がある
この体験に関する
目覚めたとき元の世界にいるとは限らない
褐色の指がバを掴んだ
初めての夏を通り越して来たその赤ん坊はもう既に灼けている
気がついたとき熊は頭をおさえてすわっていた
永遠なんてない
犯罪か奇蹟かひとりの完璧な男
なんの変哲もないサルの玩具だった
怪物は真夜中過ぎにやってきた 怪物はみな真夜中を回ったころに現われる
思ったんだけど誰かに話しているつもりになって書くっていうのはつまり誰に話しているつもりになって書けばいいのかな
語り手による紹介 自分そして本泥棒について
情報とは何か
外堀を埋める友へ
ここではかわいいか・そうでないかは重要な事だ
半年前から玄関で寝ている
キイちゃんは一歳半になりました
それまで僕は空を見たことがなかった
告白するが
蒲生稔は逮捕の際まったく抵抗しなかった
上野の浮浪者一掃 けさ取り締り 百八十人逮捕
春が二階から落ちてきた
吾輩は猫である名前はまだない
水は生きている
今宵は夜市が開かれる
はたらこう
申し上げます申し上げます旦那さまあの人は酷い
この町には古い建物があまりない
恐怖と宿命とはいつの世にも大手を振ってまかり通っているとすればこれから私が語ろうとしているこの物語がいつ起ったかなどここに述べる必要もあるまい
その日のことはよく覚えている
お嬢さんよかったら俺を拾ってくれませんか咬みません躾のできたよい子です
もしかしたら私は母に嫌われているんじゃないか--
敵がきたぞぉ!
僕は三十七歳でそのときボイング747のシトに座っていた
ある日僕は自分がすっかり大人になっているのに気がついて愕然とした
お前は嘘をついている
世界が終了した日から8日が経った
神戸市街の中心部から約十キロ東